MENU

ドラッグストア薬剤師に向いている人向かない人

ドラッグストアの薬剤師は、一般的な薬剤師の職場とは少し異なる場合が多く、薬剤師としての適性も少し違と思うのですが、どうでしょう!
普通の薬剤師の職場、調剤薬局や医療施設、病院では、処方箋業務、調剤業務がメインの仕事になることがほとんどですが、ドラッグストアの場合、調剤施設完備のドラッグストアなら処方箋業務も多少はありますが、その他の仕事、例えばOTC医薬品の服用説明以外にもドラッグストアで扱うすべての商品管理や陳列などもありますが、一番重要だとされているのがコミュニケーション能力だと言われています。

 

一般的な薬剤師の職場は、ほとんどが薬剤師資格を持っている薬剤師さんと働くことになりますが、ドラッグストアの場合は、薬剤師以外の方がほとんどの職場になることがほとんどです。店舗によっては薬剤師があなただけのことも少なくありません。

 

このように、ドラッグストアに向いている方とは、接客が好きな方、接客経験がある方の方、または、先ほども書きましたが、コミュニケーション能力ですね!たぶん、このコミュニケーション能力はドラッグストアで働くうえで重要だと思います。ドラッグストアの店舗の規模にもよりますが、店員、作業員などの多い店舗もあります。このような店舗の場合は、人間関係も重要になります。特にドラッグストアの薬剤師の場合、店長や管理薬剤師を任されることも多いので、コミュニケーションは重要になります。

 

という事は、ドラッグストアに向かい方というのは、話をするのが苦手な方やコミュニケーションが苦手な方だと言えます。
一概には、言えませんが、上記の事は適正という点では、重要な要素になります。


ドラッグストア薬剤師の適正とは

ドラッグストアの薬剤師に採用されるためにも長く働くためにも重要なのが、ドラッグストアで働くために適正ですよね!特にドラッグストアで働く薬剤師さんの場合、他の薬剤師の職場とは異なる点も多くあると思います。
ドラッグストア薬剤師の適正と書きましたが、はっきりとした適性などわかりません。ただ、ドラッグストアの特色として医薬品以外の商品の扱いも多いことや働く人も多いことなどが挙げられます。また、お客さんの数も店舗の規模にもよりますが多くなると思います。

 

このように、接客業的な要素が多くなるのがドラッグストアの職場だと思います。特に薬剤師だからと言って特別仕事内容が変わることも少なく一般職と同じ仕事内容プラス薬剤師としての医薬品の管理や服用説明などが付け加えられるという感じではないでしょうか?

 

このように、人とのかかわりが多い職場になりますので、先ほども書きましたが、コミュニケーション能力は重要な要素ですが、これも慣れで何とかなることがほとんどですので、適正という要素は職場職場でも違うと思います。

 

コミュニケーション能力や接客のスキル
医薬品の知識はもちろん、ドラッグストアで扱う商品管理
処方箋、調剤業務にこだわらない