MENU

ドラッグストアへの転職をする前に

薬剤師としてドラッグストアで働くことをお考えの方、ドラッグストアへの転職を考えている方で1度もドラッグストアで働いたことがない薬剤師さんに、ドラッグストアで働く前に、ドラッグストアの仕事を知ろうという事で簡単にドラッグストアで働く薬剤師さんの仕事や悩みなどを紹介してみました。

 

ドラッグストアは薬剤師の職場としては人気は低く、応募者も少ない職種だと言われています。実際、地域のよっては、薬剤師の人材が不足しているドラッグストアも多く、求人募集は比較的多いと言えます。
調剤薬局の店舗数とドラッグストアの店舗数では相当数の差があるのですが、その割にはドラッグストアの薬剤師求人募集は多い地域も多くあります。

 

ドラッグストアは薬剤師の職場として良いイメージがない方も多いのですが、実際に働いた方の話などを聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?
ドラッグストアの薬剤師のイメージとして、雑用が多い、例えば調剤施設のないドラッグストアの場合、第一種医薬品の管理や服用説明以外にもレジや商品陳列などもしなければいけない職場がイメージされるのではないでしょうか?
実際、ドラッグストアの薬剤師は雑用は避けられないと思います。医薬品の管理はもちろん、病気の方、具合が悪い方が薬を買いに来た際に、症状などから適切や医薬品の紹介や服用方法をする一方、最近のドラッグストアは、日用品や食料品などを扱う店舗も多くなっています。
薬剤師にしかできない仕事以外にも上記のように雑用も多くなる傾向にあります。
薬剤師としての仕事でドラッグストアは、調剤施設がある店舗とない店舗とでは仕事内容も変わりますし、店舗ごとに仕事内容も異なります。
ドラッグストアで薬剤師として働く前には、その店舗の薬剤師の仕事内容の確認はもちろん、店舗の希望や調剤業務の有無など店舗ごとに異なるので、細かな条件や仕事内容が分かる求人サイトからの紹介が必要だと思います。

 

ドラッグストアへの転職をお考えで、フルタイムの場合もパートタイムの場合でも条件面や報酬面の交渉も必要だと思います。人材確保に苦労しているドラッグストアの場合、こちらの条件が通りやすくなります。

 

ドラッグストアの薬剤師の仕事内容は店舗によって違いますが、ほとんどの職場が、雑用などが多くなると思います。
ドラッグストアの薬剤師は、給料面でも魅力のある求人や昇給なども期待できる店舗も多くあるので将来的の報酬アップも期待できると言えます。

ドラッグストアへの転職で報酬アップ

薬剤師の転職先としては人気が少ないドラッグストアですが、調剤薬局からの転職希望でドラッグストアを選ばれる方の多くが給料、報酬アップの希望者が多いですね!
薬剤師さんの仕事選び、職場選びは条件や仕事内容が重視されることが多いのですが、ドラッグストアへの転職をお考えの薬剤師さんは、給料アップ、年収アップを希望される方が多いと言えます。

 

ドラッグストアの薬剤師は、実際に給料面に魅力が有るのでしょうか?
ドラッグストアは、調剤薬局よりも高給料の求人募集も多く将来的な報酬アップが見込める職場が多いと言えます。

 

給料の不満での転職は男性薬剤師さんが多いと思いますが、男性薬剤師さんはドラッグストアの職場には適している方も多く、店長や責任者、管理薬剤師などの役職になれば年収も、給料も高くなります。
もちろん、女性薬剤師さんもドラッグストアで働くことで給料アップを望むことが可能です。

 

ドラッグストアの薬剤師募集の中でも人材確保に苦労されている店舗や企業では給料面の優遇などが多くなる傾向にあります。地域差などもありますが、ドラッグストアは、比較的給料面の優遇がある店舗も多く、報酬アップや給料アップでの薬剤師転職には魅力のある職場だと思います。