MENU

調剤薬局からドラッグストアへの転職

調剤薬局で働いていた薬剤師さんが、ドラッグストアへ転職する際に失敗しない為の情報を紹介しています。
調剤薬局とドラッグストアでは、薬剤師としての役割、仕事も異なることも多く、転職後に後悔される方も少なくないと言います。

 

調剤薬局で働く薬剤師さんは、主に近くの病院などの処方箋業務になりますよね!処方箋のスキルや経験を積むことが出来るので薬剤師さんの職場としては人気が高いですね!
一方、ドラッグストアは、主にOTC医薬品の販売、服用説明や症状による服用薬の紹介などの他に、雑用業務、品出しやレジ打ちなどもしなければいけない店舗も多くあります。
また、最近では調剤施設完備のドラッグストアも増加しているので、処方箋業務があるドラッグストアも出てきています。
調剤薬局と異なり業務内容が多岐になることも少なくなく、お客さんとのコミュニケーションなども調剤薬局よりも必要になる店舗がほとんどです。

 

調剤薬局からドラッグストアへの転職の際には、給料や就業時間だけでなく仕事内容が自分に合うかなども重要な要素になると思います。
転職後に仕事内容の違いに戸惑う方や薬剤師としての仕事が少ないことに不満を持たれる方も多く、調剤薬局からドラッグストアへ転職して、また調剤薬局に転職される方も居るそうです。
調剤薬局の仕事に不満の方や処方箋業務から離れたい方にはドラッグストアへの転職は向くかもしれませんが、ドラッグストアでの薬剤師の仕事を理解しないまま、給料や就業時間などの魅力だけでドラッグストアを選んで転職した場合、転職後に後悔することもあるので、まずは、転職先のドラッグストアの店舗形態や仕事内容、人間関係などがわかる範囲で調べることで転職の際に失敗をしないで済むと思います。
その為にも薬剤師求人サイトのコンサルトさんを利用して希望するドラッグストアの職場環境などを調べてから求人紹介して頂くことも必要かと思います。
特に仕事内容は、重要な要素で給料面だけで転職先を決めるのではなく、仕事内容などをしっかり把握してからドラッグストアへの転職を決めてください。
当サイトでは、ドラッグストアへの薬剤師転職に実績が豊富な薬剤師求人サイトを紹介していますので、この機会に無料登録を済ませて、どのような条件や仕事内容の求人紹介が可能なのか、自身で確認してください。

 

ドラッグストア薬剤師求人に強いサイト