MENU

薬剤師の高給求人

薬剤師は高給だと言われますが、本当に高給でしょうか?

 

薬学部を卒業後の初任給は、他の職業よりも高い給料、年収だと言えますが、その後の昇給や年齢に対しての年収などの上昇は、それほど高い職業ではないのでしょうか?

 

薬剤師の平均年収は、5,400,000円前後です。平成25年の厚生労働省が提供している情報では、平均年収5,330,000円です。

 

平均年収は、高いと言えますが、薬学部卒業の薬剤師の年収が4,000,000円前後ということを考えれば、昇給率は少ないと言えます。

 

薬剤師の高給料と言えば幾らくらいなのでしょうか?平均年収より100万円高い年収600万円かr年収700万円?でしょうか?
また、アルバイトやパートの薬剤師の場合、高時給の仕事とは、時給幾らになるのでしょうか?

 

薬剤師バイトやパートの平均時給は時給2000円前後だと思います。高時給と呼ばれるのは、時給3000円以上ではないでしょうか?時給2500円なら高めの時給と言えますね!

 

 

このように薬剤師は高給だと言われますが、年齢ともに昇給していく職業に比べて昇給率の低い職場が多い薬剤師とでは、年収上昇の差が出ますよね!
年齢が上がれば昇給はしていく職場がほとんどですが、薬剤師の場合、給料アップ、年収アップの方法としては、管理薬剤師や調剤薬局やドラッグストアなどの店舗の場合、店長、責任者になることで大幅な年収アップにつながると言えます。

 

また、薬剤師は人材不足の職種だと言えます。ですので転職などでも年収アップが見込める職業だと言えます。例えば、調剤薬局で働いている薬剤師さんが、ドラッグストアへ転職した場合、給料、年収アップにつながることも多いと言えます。

 

ドラッグストアは、店舗数の増加と営業時間の延長など人材不足の店舗も多く薬剤師求人の条件や給料も魅力のある募集も多く、薬剤師の職場としては昇給率が高い職場が多いと言われています。

 

実際、多店舗展開しているドラッグストアで、管理薬剤師、店長、地域統括責任者などになれば、報酬、年収のアップは見込めると言えます。

 

薬剤師として年収アップや給料アップ、高時給のアルバイトやパートで働くことを希望されるのであればドラッグストアという選択もいいのではないでしょうか?
特に最近は、調剤施設併用のドラッグストアが増えてきているので、ドラッグストアでも処方箋が多くなる傾向にあります。

 

また、ドラッグストアでも調剤施設併用の店舗の薬剤師の給料、年収は高めの設定の店舗が多いと言えます。
ドラッグストアと言えば、OTCのみの店舗が主流でしたが、ここ数年でOTCのみの店舗の減少、調剤施設併用のドラッグストアの増加、営業時間の延長などでドラッグストアの調剤薬局化、調剤薬局のドラッグストア化が進むかもしれません。

 

薬剤師として高給、高年収、高時給で働くことが出来る求人や職場を探されている、将来的に年収をアップさせたいのであれば、ドラッグストアの薬剤師という選択は有効だと言えます。
特に同じ職場で長く働きたい方、管理職を目指している方には、ドラッグストアは魅力があると思います。

 

ドラッグストア薬剤師求人に強いサイト

 

将来的な昇給が期待できるドラッグストア

ドラッグストアチェーンを運営している企業、会社は、経営状態が良好な会社が多く、上場会社の決算なども前年比アップの会社が目立ちます。

 

また、ドラッグストアチェーンのほとんどの店舗で店舗数を増加させています。逆に小規模店舗のドラッグストアは店舗数が減少している地域が増えてきています。
薬剤師の職場としてのドラッグストアはここ数年で大きく変わってきていると言えます。
まず、大手ドラッグストアチェーンの出店数の増加、そのドラッグストアの店舗のほとんどが調剤施設完備、処方箋の取り扱い、営業時間の延長などなどドラッグストアの店舗形態は大きく変わってきていると言えます。

 

ドラッグストアと言えば、医薬品の販売以外にも日用品、最近では食料品も取り扱う店舗も増えていますが、第一種医薬品、要指導医薬品の販売には薬剤師からの情報提供が必要です。
ドラッグストアでも第一種医薬品などの販売には薬剤師の説明が必要ですので、薬剤師の確保に懸命な会社も多いと言えます。

 

ドラッグストアで薬剤師の確保、長期就業のために給料面や昇給面で優遇されている店舗も多く、将来的な昇給は、薬剤師の職場としては魅力があると思います。

 

薬剤師の職場としてはドラッグストアを選ばれる方はそれほど多くないと言えますが、ドラッグストアの薬剤師は給料面では魅力のある求人募集が多く、将来的な昇給率も高い店舗が多いと言えます。

 

特に管理能力のある薬剤師、管理薬剤師や店長、地域統括責任者などを兼務した際には、給料、年収は、薬剤師として大幅なアップも期待できます。
また、アルバイトやパートタイムなどでも働きやすい職場が多くなる一方、営業時間が長い店舗が多いので、希望する時間での就業や報酬を増やしたい際には、就業時間を増やしやすい店舗が多いと言えます。

 

給料面だけで言えば、ドラッグストアの薬剤師は、魅力のある職場だちょ言えるのではないでしょうか?