MENU

ドラッグストア薬剤師の年収

薬剤師の年収は年収400万円から年収1000万円以上まで職種、仕事内容などにより幅があります。年収500万円から年収600万円くらいで働く薬剤師さんが一番多いと言われています。

 

ドラッグストアの薬剤師の年収は、年収400万円前後の方もいれば、年収700万円を超える方も増えてきています。薬剤師業界でもドラッグストアは、給料アップが見込める業種だと言われています。調剤薬局よりも将来的には給料面、年収面で有利な職場がドラッグストアではないでしょうか?

 

ドラッグストアは、ここ最近店舗数も増加しています。店舗数の増加位に伴い、薬剤師さんの採用数も増加し、薬剤師さんの確保の為に高給料での募集もちらほらと見られるようになっていますよね!
特に大手のドラッグストアチェーンでは、求人募集数も多く条件面や給料面で魅力の有る提示も有るようです。

 

ドラッグストアの薬剤師年収は、店舗の規模や仕事内容、年数によっても変わる事が多く、管理薬剤師や店長など役職なしありでも大幅な年収格差が出るようです。

 

調剤薬局と違い薬剤師の職場として不人気のドラッグストアですが、年収や給料面では、不人気だからこその人材確保の為の給料面、年収面での優遇も見られます。また、長く務めた際の給料アップ面でも調剤薬局よりも年収アップの幅が高いと言われています。
実際、年収700万円以上の薬剤師の比率ではドラッグストア方に分があるようです。

 

年収、給料面だけで見た場合、ドラッグストアの薬剤師は、魅力がある職種だと言えるのではないでしょうか?最近は、給料の不満による薬剤師の転職でドラッグストアが選ばれるケースも増えている事もに注目です。

将来の年収を考えた薬剤師の転職

薬剤師の年収は、高いと言われていますが、本当に給料、報酬は高いのでしょうか?薬学部卒業後に働き始め、初任給は、他の職種、職業に比べて高いと思いますが、将来的には一般職と変わらないか、年収の逆転もありえます。
特に調剤薬局や医療機関に就職した場合、給料アップの幅があまり期待できない職場も多く、給料、年収が伸びないと言われています。

 

薬剤師の平均年収は500万円前後ですが、薬剤師の初任給は年収400万円以上あるケースがほとんどで、平均年収にすぐに到達しますよね!そこからの年収アップの幅がそれほどでもない職場が多いのも薬剤師業界ではないでしょうか?
女性の多い職業ですので結婚や出産などで退職される方も多いので年収が上がる前に辞められる方も多いのも高い年収までいかない理由かもしれませんが、一般企業や会社どのに年収が高くなることが少ないのではないでしょうか?

 

年収500万円あれば納得できる薬剤師さんも多いかもしれませんが、将来的には年収1000万円近くにはいきたいと思われている薬剤師さんも居ますよね!特に男性薬剤師さんなら長く勤めることで年収が上がっていくことは重要ですよね!しかし調剤薬局などの場合、年収700万円を超えると報酬が上がらないことも少なくありません。管理薬剤師や主任薬剤師として調剤薬局で働いたとしても年収1000万円は少ないと思います。

 

将来的に年収が高くなることを希望するのであれば、企業薬剤師が期待できますが、就職は難しいですよね!そこで当サイトが紹介しているドラッグストアはどうでしょうか?
ドラッグストアの中でも大手チェーンの薬剤師さんで管理薬剤師や地域を総括する薬剤師になれば年収1000万円を越える方も居るそうです。
ドラッグストアは、薬剤師の就職先としてはあまり人気がありませんが、男性薬剤師で将来的に年収を期待するのであれば、ドラッグストアで主任、管理が出来る薬剤師を目指してみるのもいいかもしれません。
将来的に長く同じ職場で働くのであれば、ドラッグストアという選択も有りではないでしょうか?