MENU

ドラッグストア薬剤師バイトの時給、魅力

薬剤師としてアルバイトやパートで働く際、ほとんどの方が調剤薬局かドラッグストアではないでしょうか?病院や医療施設の薬剤師バイト募集もありますが、募集数が少なくアルバイトとして条件や働き方もあまり選べないのが現状です。

 

調剤薬局も地域によっては求人数よりも応募者が多く条件面、報酬面が良い求人募集には応募者が多くあることも少なくありません。また、家から近い職場を希望される方も多いのですが、条件面の交渉も難しくなることも少なくありません。
しかいドラッグストアの薬剤師バイトは、大手のドラッグストアチェーンの求人などは比較的採用枠が多く条件交渉なども出来ることが多いので働ける時間での就業なども可能になることも多くなっています。

 

特に主婦薬剤師さん、ママ薬剤師さんの働き方に理解のある職場が多いのがドラッグストアではないでしょうか?
また、ドラッグストア薬剤師バイトは、時給、報酬面でも魅力がある求人募集が多く報酬面の不満からドラッグストアへ転職される方も増えています。
ドラッグストアは、薬剤師の職場としては、雑用なども多くあまり希望する方は少ないのが現状ですが、調剤薬局よりも働きやすい職場が多いとも言われています。特に人間関係面では、調剤薬局よりもドラッグストアの方があっさりしている職場が多いと聞きますよ!

 

薬剤師バイトやパートで働くことをお考えで高時給で、働く時間なども交渉したい方はドラッグストアバイトがおすすめです。

ドラッグストアの薬剤師の仕事

ドラッグスとは、薬剤師の職場としては調剤薬局と比べられることが多いと思います。調剤薬局の多くが調剤業務、処方箋が主な業務になるのに対してドラッグストアは、OTC、処方箋なしで販売される医薬品の管理や説明、お客さんの症状に合わせた薬の紹介などをメインに、そのほかの商品管理や雑用なども多くあります。
最近では、調剤施設完備のドラッグストアも増えていますが、1日の処方箋数は多くない店舗がほとんどで処方箋業務はほとんどないのが現状です。
逆に病院に行くほどでもない病気の症状などで薬の購入をするお客さんに適切な医薬品の紹介や服用方法などの紹介が多くなりますね!

 

ドラッグストアと調剤薬局では仕事内容も大きく違い、給料面や条件面だけで比べることはできないと思います。
ドラッグストアは、先ほども書いたように処方箋や調剤業務はほとんどありません。このあたりのスキルや知識を求める薬剤師さんには向いていないですね!処方箋や調剤業務にはそれほど興味がない、あまりしたくない薬剤師さんにはドラッグストアは向いていると思います。

 

ドラッグストアの仕事内容は、日用品、最近では食料品を扱い店舗も多くそれなの商品の管理や医薬品、化粧品の管理などの他にも多くの雑用がありませんね!これらを理解したうえでドラッグストアという職場を選ぶ必要があると思います。