MENU

OTCのみのドラッグストアで働く

薬剤師として処方箋のない職場で働きたいと思われている方も居ますよね!
処方箋がない職場は給料面で不利だと思われている方に、OTCのみのドラッグストアはどうでしょうか?

 

処方箋がなくてもドラッグストアの薬剤師は、調剤薬局よりも報酬、給料面で高くなることも少なくありません。実際、薬剤師求人サイトの募集では、ドラッグストアの薬剤師求人は給料が高めです。
正社員でもアルバイトやパートでも働くことが可能な職場が多く、働き方の自由度も薬剤師の職場の中では高いと言えます。

 

薬剤師としての仕事から処方箋、調剤業務を除けば、仕事、職場はかなり狭くありますよね!処方箋のない薬剤師の職場としてはドラッグストアは魅力があると思います。
最近は、ドラッグストアでも調剤設備のある店舗も増えてきています。ドラッグストアだから処方箋がないという事はありません。OTCのみの店舗で働くことを希望されるのであれば、薬剤師求人サイトなど、ドラッグストアの薬剤師求人募集を多く保有するサービスで紹介して頂くことが重要だと思います。

 

OTCドラッグストアの薬剤師求人は薬剤師求人の中ではそれほど多くはありません。OTCのみの仕事を探されるのであればドラッグストアが、給料面でも有利ではないでしょうか?
また、ドラッグストアの店舗の多くが薬剤師を歓迎しています。
OTCのみの薬剤師の職場をお探しなら薬剤師求人サイト中でもドラッグストアの薬剤師求人が豊富なサイトが良いと思います。当サイトでもドラッグストア薬剤師求人の豊富なサイトを紹介していますので是非よろしければご利用ください。

 

ドラッグストア薬剤師求人に強いサイト


OTCドラッグストアの薬剤師業務

ドラッグストアで扱うOTC医薬品は品数も多く、商品知識も必要になります。風薬だけでも商品は多くあり、症状や年齢などでお勧めする薬も変わってきます。ドラッグストアに来るお客さんは、薬剤師さんのアドバイスや紹介される商品を信頼して購入してくれます。

 

OTCの医薬品は、商品数も多くドラッグストアで働く薬剤師さんは、知識も必要になります。医薬品以外にもサプリメントなどや化粧品の相談などあります。その1つ1つに適切なアドバイスや商品紹介をする必要があります。

 

OTC医薬品の販売はもちろん、お客さんの症状に合う薬の提案、紹介、服用方法などの説明などドラッグストアの薬剤師の業務は、OTC医薬品の紹介、服用方法や注意点やドラッグストアで扱うサプリメントなどの販売、その方かにも商品管理や店舗によっては、品出しやレジ打ちなどもしなくてはいけない事も有ります。

 

ドラッグストア薬剤師の業務は、店舗によって多少は異なると思いますが、OTCのみのドラッグストアの店舗では、上記の様な業務になると思います。

 

仕事をする以上、給料、報酬面は重要ですが、仕事内容に合う報酬は重要ですよね!ドラッグストアは調剤薬局よりも給料、時給は少し高い職場が多く、調剤薬局からの転職希望の薬剤師さんの増えているようですが、仕事内容を確認してから転職しましょう!
ドラッグストアは、何度も言いますが、店舗によって仕事内容も異なることも多いので、あなたが希望する働き方が出来るドラッグストアを探すことも重要だと思います。

 

ドラッグストアの詳細がわかる薬剤師求人の探し方

薬剤師の職場としては、雑用などが多いという理由からさけられる方も多いと思いますが、給料、報酬面で調剤薬局と比べた場合、ドラッグストア薬剤師の方が、魅力のある求人募集が多く、将来的な昇給も考える場合、ドラッグストアという選択をする方も多くなっています。

 

ドラッグストアの薬剤師求人募集は、大手ドラッグストアチェーンの求人募集や中小のドラッグストアなどありますが、先ほども書きましたが、仕事内容と給料、報酬に見合う職場を探すことが重要です。その為にも薬剤師求人サイトの中でも職場の詳細をリーサーチしているサイトの利用をおすすめしています。
当サイトでは、ドラッグストア薬剤師求人紹介に実績が豊富で条件面の交渉や職場環境などもリサーチしている薬剤師求人サイトを紹介していますので、ドラッグストアの薬剤師に興味のある方は是非、ご利用ください。

 

OTCのみのドラッグストアは減少するって本当?

最近のドラッグストアは、調剤施設併用、処方箋の受付け可能な店舗が増えています。
以前のドラッグストアの店舗形態とは異なり、扱う商品も多く、日用品から医薬品、中には食料品、飲料品なども扱う店舗が増えていますよね!

 

これにプラスして、処方箋、調剤施設が完備されたドラッグストアが増加しました。
OTCのみのドラッグストアは年々、減少して来ていると言えます。

 

ドラッグストアの新規店のほとんどが調剤施設を完備してきています。また存続のドラッグストアでの調剤施設を増設、処方箋の受付を行う店舗が増えてきています。

 

OTCのみのドラッグストアの店舗は減少傾向にあるので処方箋なしの仕事をお探しの薬剤師さん、OTCのみのドラッグストアで働きたい薬剤師さんには求人募集はこれから減少していくと言われています。

 

OTCのみのドラッグストアを希望されるならドラッグストアの求人紹介数が多い求人サイト、薬剤師求人サイトを選ぶことが重要だと言えます。
OTCのみのドラッグストアの店舗数が少なくなっているということは求人募集数も減少傾向にあります。

 

条件面の交渉や報酬などもこの先、難しくなると予想されているので、OTCのみのドラッグストアで働きたい、求人探しをしている方は、是非早めにお探しください。

OTCのみと調剤業務、処方箋ありのドラッグストアでは給料に違いがあるの?

ドラッグストアの薬剤師と言えば、処方箋のないOTCのみのドラッグストアがほとんどで、処方箋業務がないことでドラッグストアの職場を選ぶ方が多かったと思います。

 

しかし、最近の大手ドラッグストアチェーンのほとんどの店舗が、調剤施設を完備し、処方箋の受付を始めています。調剤併用ドラッグストアなどと呼ばれている店舗です。

 

OTCのみのドラッグストアと調剤併用ドラッグストアとでは、給料は違うのでしょうか?

 

ドラッグストアで働くのであれば、これは気になるところですよね!

 

実際、大手のドラッグストアチェーンは調剤併用に移行している店舗や新店舗は調剤併用になっていることがほとんどです。しかし、薬剤師求人募集に対しては、特別給料、報酬が高いとは言えません。

 

ドラッグストアの薬剤師求人では、OTCのみの店舗でも調剤併用の店舗でも薬剤師求人の給料、報酬にそれほどの差を感じられませんでした。それよりも募集している地域で給料の差が出ることが多く、都市部よりも地方の方が報酬、給料が高いケースも多く、薬剤師も人材数や応募数などで給料の違いが出てくることが多く感じられました。

 

今後、ますます、OTCのみのドラッグストアは減少していくと予想されます。ドラッグストアのコンビニ化も進むと予想され、コンビニでも医薬品を扱う店舗も増えてくるかもしれません。
また、調剤薬局の形態も変化することも予想されます。

 

ドラッグストアは調剤業務をすることで、営業時間や土日でも処方箋の受け取りが出来ることなどから調剤薬局の経営にも影響することも予想されます。

 

医薬分業の影響で、調剤薬局は劇的に増加しました。しかし、患者にとっては不便を感じることも少なくなく見直しも検討されていることから薬剤師の職場にも影響があることも予想されます。

 

その中でもドラッグストアは、医薬品以外の商品を扱い、調剤業務もしている店舗の増加などで、今後、ますます店舗数の増加も予想されます。

 

OTCのみのドラッグストア、調剤併用のドラッグストアも報酬的にはそれほど差がないようですが、今後の職場としては、調剤併用のドラッグストアの増加が予想されます。

 

ドラッグストアでOTCのみの薬剤師求人の減少も予想されるので、OTCのみでの就業をご希望なら早めの転職がいいかもしれません。

 

OTCのみドラッグストアと調剤併用のドラッグストア

OTCのみ、調剤併用の店舗の給料はそれほど違いがない
OTCのみのドラッグストアの店舗の減少が予想される
調剤併用のドラッグストアの店舗の増加
ドラッグストアの店舗の増加、出店
薬局のドラッグストア化