MENU

ドラッグストアの薬剤師は給料、年収が高いと言われている

薬剤師として働く際に、仕事を選ぶ条件として就業条件や仕事内容などを重要にする方が多いと思います。しかし、給料面、年収面は、どのような条件でも気になりますよね!
特に、正社員で働く際には、月収、年収から仕事を選ばれる方も多いのではないでしょうか?アルバイトやパートで薬剤師して働くことを希望されている方でも時給は仕事を決める重要な要素の1つですね!

 

給料、年収は、働くことの重要な要素で、働く対価ですので、少しでも高い報酬で働ければ仕事をするうえでストレスも軽減されると言われています。

 

今回紹介しているドラッグストアの薬剤師ですが、薬剤師の就職が一番多い調剤薬局と比べても給料が高い職場が多いと言われています。
実際、薬剤師求人サイトなどで検索してみても調剤薬局とドラッグストアでは、正社員、アルバイト、パートを問わず、魅力のある報酬の求人募集を見ることが出来ます。

 

ドラッグストアは、最近、OTCのみの店舗は減少してきていて、調剤施設、処方箋を取り扱う店舗が増加しています。薬剤師が常駐しているドラッグストアが増加した事や処方箋をドラッグストアでも受け取ることが出来ることが認知されてきているので、処方箋数も増加している店舗も多くなっているようです。
逆に、調剤薬局は、過剰な店舗数やドラッグストアの台頭や医薬分業の見直しなどがささやかれる中での経営面でも大変な店舗も増えてくると予想されています。

 

ドラッグストアは、大手のチェーン店が店舗数を増加させていることなどから薬剤師募集も多く、処方箋、調剤施設完備の店舗増加などで、ますます、薬剤師さんの採用が多くなると思われます。
また、給料の昇給も薬剤師業界では多いと言われているドラッグストアで、将来の給料にも視点を当てた場合、特に男性薬剤師さんで同じ職場で長く働くことを希望されているのならドラッグストアで働くことも良いと思います。

 

ドラッグストアの薬剤師求人を薬剤師求人サイトなどで観覧や紹介して頂ける機会があれば、高年収や高給料の求人を見てください。魅力のある薬剤師求人を探すことが出来ると思います。

 

年収や給料、将来の昇給などを考慮した薬剤師の職場としてドラッグストアの選択も良いのではないでしょうか?

 

ドラッグストア薬剤師求人に強いサイト


昇給しやすい薬剤師の職場がドラッグストア?

薬剤師の職場、就職先としてはそれほど人気がないドラッグストアですが、将来的な年収、給料を考えた場合、昇給率が高い職場が多いと言われています。

 

ドラッグストアの多くがチェーン展開している大手のドラッグストアが多く、全国展開しているドラッグストアやある一定の地域で店舗数が多いドラッグストアなどが多いのではないでしょうか?

 

ドラッグストアの薬剤師は、ある程度に年数勤めると店舗を任される店長や地域を統括する役職などになることもあります。

 

もちろん管理薬剤師などの役職などにもなるので、年収がアップしやすく、ドラッグストアで責任にある役職になった場合、年収も薬剤師の平均年収を大幅に超えてくることも多いと言えます。

 

調剤薬局の薬剤師よりも昇給率が高い職場が多いと言われています。

 

実際、ドラッグストア薬剤師の年収は、年齢や就業年数で見てみても高いですね!

 

薬剤師の将来的な年収では

 

1、企業薬剤師(製薬会社など)
2、病院薬剤師、(公立病院など)
3、ドラッグストア(大手ドラッグストアチェーン)
4、調剤薬局

 

などの順番になるようですが、順位で年収や給料が決まるものではありません。

 

昇給率や年齢別で見た年収などから上記のような結果になりました。

 

ドラッグストアは、調剤薬局よりは将来的な給料では有利な職場のようですが、企業や病院の方が昇給が高いという結果になっています。

 

しかし、先ほども書きましたがドラッグストアの店舗で責任のある仕事、役職になれば企業や病院の薬剤師と変わらない年収に薬剤師さんもいるようです。

 

ドラッグストアの薬剤師は、薬剤師の職場としてはそれほど人気がある職場ではありませんが、将来的な報酬や大手ドラッグストアなら安定もあると言えるのではないでしょうか?