MENU

ドラッグストアと調剤薬局の職場環境

調剤薬局、ドラッグストアの店舗も大型店や大手が運営する店舗と中小の店舗とがあります。

 

まず、調剤薬局の場合、大手が運営する店舗と個人店や小規模店では職場環境も大きく変わると言えます。

 

大手の調剤薬局チェーンの場合、店舗数も多く他の店舗への転勤などもあります。給料面でも薬剤師の平均年収、給料の水準か、それよりも低い職場も多いと言えます。
また、大手の調剤薬局チェーン店ではドラッグストア化が進む店舗も多くなってきていると言えます。

 

病院に付属している店舗、門前薬局の場合は、処方箋がメインの仕事になりますが、大型店で病院に付属していない店舗なら処方箋以外の仕事も増えます。

 

逆に小規模の調剤薬局では処方箋メインの職場がほとんどで、転勤などはありませんが、人間関係や職場の雰囲気などに悩まれる方も多い職場もあります。
給料面で、小規模の調剤薬局の方が大型店舗よりも高くなることもあるので求人探しに際には給料面なども重視した探したかも重要かもしれません。

 

ドラッグストアの職場環境はどうでしょうか?

 

ドラッグストアには大きく分けて2つの店舗があります。OTCのみのドラッグストアと調剤完備のドラッグストアです。最近の主流は、調剤完備のドラッグストアです。

 

ドラッグストアのほとんどの店舗が大手ドラッグストアチェーンが運営する店舗で、店舗数も多く大手調剤薬局チェーン店同様、転勤などがある場合も増えています。

 

また、ドラッグストアチェーン店のほとんどが休日などがなく土日も営業していると言えます。
特に土日に出勤できる方の採用が多くなっていると言えます。

 

職場環境としては薬剤師以外の方も多く働いていることもあり、人間関係などでの悩みは少ないと言えます。
また、OTCのみのドラッグストアでは、処方箋がない分、雑用作業などが増える傾向にあります。

 

調剤完備のドラッグストアでは、処方箋の医薬品の種類が多くある程度の調剤の知識が必要とされます。
門前薬局とは違い、いろいろな病院から処方箋依頼が来るので処方する薬に種類が多くなります。

 

ドラッグストアチェーン店の報酬、給料は、薬剤師の職場の中でも高いと言えます。また昇給率の低い薬剤師業界の中でも昇給率が高く将来の年収を見据えた職場選び会社選びも出来ると思います。

 

調剤薬局もドラッグストアも店舗ごとに職場環境というのは違うので、調剤薬局はこのような職場環境、ドラッグストアはこのような職場環境とは断言できませんが、多くの店舗の特徴として上記で紹介した環境が当てはまると思います。
職場環境、仕事内容などは、働くうえで重要な要素ですが、実際に働きてみないと見えてこないことも多いと言えます。

 

もちろん、ブラックの職場もあると思います。ブラック企業と思えたら我慢せずにストレスなどで体調を崩す前に転職した方が得先ではないでしょうか?
薬剤師は、仕事探しにそれほど苦労することもないので、転職という選択で就業条件や給料が極端に探すこともなければ、今までよりも好条件、高給料で働ける仕事が探することも珍しいことではありません。

 

調剤薬局、ドラッグストアの職場環境と言うのは、一長一短あると言えますが、向き不向きもあると思いますので、当サイトの記述も参考にして頂ければ嬉しく思います。

 

こんな職場は要注意
人間関係が難しく、複雑でいじめ等がある。ホウレンソウが出来ていない
残業や時間外の仕事が多い
有給休暇が取りにくい、休みを取りにくい
離職率が高い、定職率が低い
研修や教育制度がほとんどない

 

上記の項目が3つ以上あてはなる職場は、あまり職場環境が良いとは言えません。
転職などで、良い職場環境を探すことが可能だと言えます。